高齢者のウォーキングで注意すべきポイントと効果-こんな症状が危険-

ここでは、高齢者の方がウォーキングを行う際に注意すべきポインと効果についてお話して行きます。

最近は「生活習慣病」と言う言葉が有名になり、まだまだ年若い20歳台や30歳代の若年者の方がウォーキングをする光景を見ることも珍しくありません。

まだ年若い20歳台や30歳代の若年者の方がウォーキングをするということは、一昔前までは、考えることができなかった光景です。

まさに利便性や効率を求めすぎた代償である「現代病の代表的な1つ」と言えます。

そして忘れてはならないのが・・「高齢者の方のウォーキング」です。

ここでは高齢者の方がウォーキングする際の注意点について述べています。

高齢者の方がウォーキングを行う際の心構えと事前準備

高齢者の方こそ、身体を動かさなければ、身体がどんどん酸化し、老化して行きます。

これらのことから、高齢者の方こそ効果的にウォーキングする方法を取り入れ、またウォーキングする際の注意点なども、しっかりと把握して「より安全に」「より効果的に」をモットーに「ウォーキングを取り入れた生活」を営む必要があります。

確かに、現代は交通機関やインターネットが普及して通販など、インターネットを通して簡単にモノが買える時代になりました。

そして、買ったものを持って帰らなくても配達業者が自宅の玄関先まで配達してくれます。

まさに現代人の特徴の1つとも言える・・

「出歩かなくても良くなった」

と言うことがハッキリと言えます。

会社を退職して、身体を動かす機会が少なくなった高齢者の方こそ、若年者以上に身体を動かすことが必要なのです。

このような背景から、最近は高齢者の方々の間でウォーキングをライフスタイルに取り入れようとする運動が起きています。

これらの背景には、会社を退職したものの、人と出会う機会が減り、「孤独死」される高齢者の方が年々増加傾向にあります。

高齢者の方がウォーキングを通して気軽に、地域のウォーキングのサークル活動やイベントに参加して、同じ境遇の仲間を増やすことにより、孤独を回避しようとする運動が起きています。

そして、これら高齢者の方の孤独を撲滅しようとするサークル活動などの「運動」が日本全国規模で活発になってきています。

このようにして、全ての利が叶う「ウォーキング」が流行してきているのです。

ウォーキングとはいっても、高齢者の方ウォーキングは、激しい動作を伴うスタイルのウォーキングではありません。

健康を維持するためのウォーキングです

広告





高齢者のウォーキングを行う際、必ず注意すべきポイント

高齢者の方は、現役の頃と比べて人体の回復力が落ちているのは確かです。

だからこそ、高齢者の方のウォーキングは、慎重に行う必要があります。

高齢者の方の場合、状況によっては「ウォーキング中に落命致しかねない」と、言うことも大いに起こりうる可能性があります。

少し厳しいことをお伝えしましたが、中にはそんな危険思いまでして、ウォーキングをする価値があるのか?

などと思われた方もいらっしゃると思います。

しかし、注意点さえ把握しておけば、ウォーキングすることは自身にとってプラスになります。

高齢者の方が留意すべきポイントは以下の通りです。

 ウォームアップ(体操)を必ず行い筋肉をほぐす

ウォームアップをすることには、たくさんのメリットがあります。

万が一、体調が悪いの気づかずウォーキングに出かけてしまった場合、事前にウォームアップを行うことで体調の悪いことに気づくことができます。

 水分補給を忘れない

高齢者の方は、人体の回復機能が自分でも気づかないほどに低下しています。
小まめに水分を補給することが大切です。

ノドが特に乾いていなくても、小まめに水分補給を行うことが重要です。

 ウォーキングが終わったあとは、必ずマッサージを行う

ウォーキングのあとは、足だけではなく、全身が疲労しています。

足・ヒザ・脇・首筋などを冷やすなど、クールダウンを行います。

また、お風呂の熱湯で足や関節をモミほぐすことも大切です。

何事も身体が資本です。

 その他、高齢者のウォーキングを行う際に注意すべきポイント

その他に高齢者の方がこれからウォーキングを行う際、もしくはすでにウォーキングを行っている方にも共通して言える大変重要なことがあります。

それは何か?

「医師に自分の身体を診てもらう」ことです。

先ほどもチラッとお伝えしまたが、高齢者の方は人体の回復力や人体の機能が全般的に低下しています。

よって、本来ウォーキングを始める前に、ご自分の身体を診てもらい、自分の身体の状態を知ることが重要になります。

これをするかしないかで、ご自分の未来が大きく変わってきます。

未来が大きく変わってくるとは、すなわち・・

「落命するかしないか」

「寿命が延びるのか縮むのか」

ぐらい影響してきます。

正しい方法でウォーキングを行えば、健康体で、末長く楽しい第二の人生がエンジョイできるというものです。

広告