30分・1時間(4キロ~5キロ)のウォーキングで消費するカロリーはだいたいどのくらい?

おおよそ大抵の方が、この「30分(2キロ~2.5キロ)・1時間(4キロ~5キロ)」という数字を意識しながらウォーキングをするようですね。

「30分・1時間」と言う時間は区切りがよく、モチベーションの維持やUPにもつながります。

最近は、生活習慣病の1つでもある「メタボ」などの改善目的や女性の場合ダイエット目的でウォーキングを始める方を、数多くお見受けします。

かくゆう、運動嫌いの私も当初は、この30分(およそ2キロ~2.5キロ)からウォーキングを開始して、1週間おきに10分ずつ時間を延長して、最終的には1時間(およそ4キロ~5キロ)という数字を目標にウォーキングを始めました。

このページでは30分・1時間のウォーキングで消費するカロリーをご紹介しています。

 

30分(2キロ~2.5キロ)・1時間(4キロ~5キロ)で消費する消費カロリーはどれくらい?

30分(2キロ~2.5キロ)・1時間(4キロ~5キロ)もウォーキングすれば、相当なカロリーを消費したのに違いない。

などと、毎日思いながらウォーキングをしていたのを思い出します。

しかし、本当に時間を費やしたから、その分カロリーを消費するのでしょうか?

1時間(4キロ~5キロ)で消費できるカロリーは、一般の方を例にした統計では、概ね、お茶碗1杯分=200~300キロカロリーほど消費できると言われています。

よって30分のウォーキングであればその半分の100~150キロカロリーを消費できる計算になります。

1時間(4キロ~5キロ)の「早歩き」でウォーキングする際の消費するカロリー【平均消費値】

  • 早歩きで1時間ウォーキングした場合の消費カロリー = 333kcal
  • 標準速速度(散歩)で1時間ウォーキング(散歩)した場合の消費カロリー = 239kcal

30分の「標準の歩く速度(散歩)」でウォーキングする際の消費するカロリー【平均消費値】

  • 早歩きで30分(2キロ~2.5キロ)でウォーキングした場合の消費カロリー = 151kcal
  • 標準に歩く速さ(散歩)で30分ウォーキング(散歩)した場合の消費カロリー = 119kcal

広告





ウォーキングの距離・時間と消費カロリーは比例する?

ウォーキングする距離や時間と、消費するカロリーは必ずしも比例しません。

ウォーキングを初めてされる方や、これからウォーキングを始める方に多い質問が・・

「30分や1時間のウォーキングを続ければ、カロリーをたくさん消費できますか?」

「どれだけ減量できますか?」

「痩せれますか?」

などという質問を数多く耳にします。

しかし、そのたびに私はこのように考えます。

「30分・1時間(4キロ~5キロ)でいくらカロリーを消費したか」 ではなく・・

「その30分(2キロ~2.5キロ)・1時間(4キロ~5キロ)でどれくらいの強度の運動をしましたか?」

と、考えます。

重要なのは「運動強度」!

当サイトでも、幾度かご紹介していますが、ウォーキングには運動する「強度」があります。

強度とは、ウォーキングを例にする場合ですと、運動する「速さの度合い」を意味します。

すなわち、「ウォーキングする速さ=脚を動かす速さ」です。

同じ1時間でも、歩くのが速い方もいれば、遅い方もいます。

そして、言うまでもなく効果があるのは、歩くのが速い方です。

歩くのが速いというのは、大ザッパな言い方ですが、細かく言うと・・

「それだけ脚を早く動かしたのか?」

ということになります。

ウォーキングを行う際は、正しいウォーキングの方法でもってして、最大限効果が出るようなスタンスで行います。

そうしないと、貴重な時間を無駄に捨てることにもつながりますからね。

参考:ウォーキングを混じえた運動の消費カロリーの計算式

運動の消費カロリーは、おおよそ下記の計算式で計算されます。

1.05×運動強度(メッツ値)×運動時間(H)×体重(kg)=消費するカロリー

ウォーキングの運動強度

3.0メッツ= 歩く:67m/分、硬く安定した平地(コンクリート・アスファルト)
3.3メッツ= 歩く:80m/分、平地:標準的(散歩)な速度(女性・子供・高齢者)
3.8メッツ= 歩く:93m/分、平地:標準的(散歩)な速度(女性・子供・男性)
5.0メッツ= 歩く:107m/分、平地:標準的(散歩)な速度(男性)
6.0メッツ= 歩く:93m/分、昇り坂
6.3メッツ= 歩く:120m/分、平地、早歩きの速度
8.0メッツ= 歩く:133m/分、昇り坂で、やや早歩きの速度

当サイトの以下のような別ページでも正しいウォーキングの方法をご紹介していますので、ぜひ、ご覧ください。

広告