「歩く」の種類   -散歩と散策の違いとは?-

普段、あなたが日常の生活を営む中で「歩く」ことに対して疑問すら持つこともなく、当たり前のように、ただ、歩いていると思われます。

しかし、よくよく考えてみますと、「歩く」ことにも何らかの目的があって「歩いている」ことに気がつきます。

ここでは、この「歩く」ことの種類とその名称をご紹介したい思います。

散歩の目的と効果

「散歩」とその目的

散歩の目的は「歩く」ことです。

歩くことにより、気分転換や健康保持が行えます。

「1人になって考え事をしたい」なども、歩く目的の一つと言えます。

いずれにしても、この「散歩」とは「何らかの目的があり、それを改善するため」に行います。

1人で考え事をしたいときや、犬同伴での「散歩」が多いですが、何かを改善する目的としては、散歩にも何らかの効果があると言えます。

散策とその目的

散策とは、コミュニケーションを図ったり、景色や情調を楽しむことを目的とします。

散歩とは違い、景色や情調・買い物や歴史に触れ合うなどの、趣味や趣向・見識の幅を広げ養うことを目的としてます。

他には、精神的な病を患っている方がその療養目的で「散策」をすることが多いです。

精神疾患の方が「散策」を行うことによって現代病の代表的な病の一つである「鬱病(うつ病)」などの改善や「ストレス解消」・「精神的な疲労の除去」の効果を得られます。

また、恋人や家族とのコミュニケーション目的で「歩く」ことも「散策」と言えます。

以上のことから「歩く」の種類は、主にこの「散歩」と「散策」の2種類に分けて考えることができます。

これらの「散歩」と「散策」の2つに分類して分けることにより、「散歩」・「散策」、それぞれの違いが浮き彫りになってきます。

種類 目的 得られる効果
散歩 歩くこと 健康保持
考えことがしたい 悩み改善・気分転換・ストレス発散
散策 コミュニケーション 信頼を得る・情報交換
趣味趣向を楽しむ 見識・知識の増加
広告