「長距離(ロング)ウォーキング」・「エクササイズ(痩せる)ウォーキング」・「ライフスタイル(隙間時間)ウォーキング」 -3つのウォーキング-

あなたが、よくご存知のウォーキングには、大きく分けて3つに分類できます。

3つのウォーキングの種類を把握して、自分のライフスタイルや自分に合ったウォーキングをすれば楽しみを持って長続きさせることができます。

せっかくウォーキングを始めたのに、途中で挫折してしまっては元も子もありませんからね。

そこで、ウォーキングを長続きさせる方法(コツ)の1つである「ウォーキングの楽しみ方」と「3つのウォーキング」の種類についてお話ししたいと思います。

我々が普段から「ウォーキング」と呼んでいる言葉には、実は大きく分けて3つの種類の「ウォーキング」に分けることができます。

これは、あまり知られていないことですが、ウォーキングする速度や、やり方(=方法)によって、その呼び方が変わってきます。

ここでは代表的な3つの種類のウォーキングについてご紹介したいと思います。

広告





ウォーキングを楽しむための、3つのウォーキングの種類と効果

 エクササイズ=痩せる」を目的とした「エクササイズ(痩せる)ウォーキング

エクササイズ(痩せる)とは、人体の能力の向上を目標として、さらに健康状態の向上を目的とした運動(ウォーキング)=身体作りをすることです。

このエクササイズウォーキングは、ウォーキングでの運動効果を得ることを目的としていますので、通常よりも早い速度で「早歩きのウォーキング」します。

エクササイズ(痩せる)ウォーキングを行う際は、ウォーキングする時間と距離を決めてから行います。

ダイエットなどの「減量目的」や「生活習慣病の改善」のためや、ジョギングを始める一歩前の準備段階のウォーキングです。

そして、2つ目は・・

 長い距離を歩くことを目的とした「長距離(ロング)ウォーキング」!

ロングウォーキングの特徴は「長い距離をひたすら歩く(ウォーキング)」することを目的とします。

主旨としては、散歩や散策を楽しみながら、普段のあなたが歩く速度よりも少しだけ速く歩くことを目標としてウォーキングします。

以上のことから、ただ単に散歩や散策を楽しむのではなく、ある程度の運動効果を得ることを目的として行うウォーキングです。

長距離(ロング)ウォーキングは、普段、仕事でなかなか時間が取れない方が、少し趣味を兼ねて休日に家族や友人などと、談笑やコミュニケーションを兼ねて、楽しみながら行うウォーキングです。

長距離=ロング」と言う言葉の通り、「長い距離」だけではなく、「長続き」することも目的としています。

最後に3つ目は・・

 隙間時間を見つけて、できるだけウォーキングをすることを意識した=「ライフスタイル(隙間時間)ウォーキング」

ライフスタイルウォーキングは、あなたが毎日の日常のタイムスケジュールの中で、ウォーキングできそうな時間や場所・箇所を見つけて効率的に行うウォーキングです。

会社やショッピングなどの出先で、エスカレーターエレベーターに乗るのを避けて、なるべく階段で移動するのもライフスタイル(隙間時間)ウォーキングの1つです。

通勤時なども1駅分を歩いたり(ウォーキングしたり)、自転車で駅まで通勤していた距離をウォーキングしたりするなど、普段の日常の中で隙間時間を見つけて「できるだけウォーキングする」ことを目的としています。

ライフスタイル(隙間時間)ウォーキングは、歩く早さを目標とはせず、とにかく「歩く(ウォーキング)」ことを目的としています。

よって何らかの運動効果を求めて行うウォーキングとは違い、普段の生活の中での健康維持・肉体維持を兼ねて、隙間時間をうまく利用して行うウォーキングなので、どなたでも気軽に始めることができます

これらのウォーキングを、あなたの日常に織り交ぜて、何気に溶け込ませることにより、仕事で忙しい方やウォーキングする時間を取れない方でも、ウォーキングの長続きが可能になり、無理なく・ストレスなく、ウォーキングをすることができます。

ウォーキングすることは、慢性化した悪い生活習慣を修正し、あなた自身を若返らせることができます。

美しさや魅力と言うものは、まず内面的な美しさが伴って、それが表面にニジみ出てきます。

このような内面的な美しさとは、自分自身では案外、気づかないものなのです。

さぁ、まずは内面的な美しさを求める上で、できるだけウォーキングすることから、そっと始めてみてください。

広告