うつ病の症状の対策・対応策「運動治療(=ウォーキング)」で予防・改善(治療)できる?!

現代病の一つとして、数えられる「うつ病」。

現代人は、生きていく上で様々なストレスを相手にしています。

しかし、ストレスをうまく発散することができずに、ストレスを溜め込み予防・改善(治療)できなかったりした時には、どうなるのでしょうか?

このページでは、うつ病の症状を対策・対応策として、「運動治療=ウォーキング」で、うつ病を予防・改善(治療)できるのか??についてのお話をしたいと思います。

2015y06m16d_031754330

 

まず、うつ病の症状とは?

あなたの方がすでによくご存知のハズかもしれませんが、うつ病の症状とは、「心の病=精神病の一種」です。

人体が心の病に侵されると、大好きだったことでも、大好きと感じられなくなります。

焼肉が好物な方で、極上の焼肉を目の前にしても、嬉しいとも口にしたいとも感じなくなります。

これは心が深く傷つき、自分を「生きている価値がない」・「何をしてもダメ人間」などと、激しく責め立てたため、心にモヤ(霧)が、カカり心を閉ざしているためです。

「人体の心=精神」とは、「人間の感情=気持ち・表現」をつかさどっています。

うつ病の症状にかかると、全てマイナス思考で考えてしまいます。

こうなると、負のスパイラルに陥り、手の付けようがありません。

当然、うつ病の症状になると対人関係も構築できませんので、予防・改善(治療)が難しく時間がかかると言われています。

心因生うつ病の症状とは?

うつ病の症状の一つに「心因生うつ病」というものがあります。

この「心因生うつ病」が、現在、うつ病と言われているものの大半を占めます。

心因生うつ病の症状が発症する原因

  • 普段の日常の仕事に追われてストレスが溜まる
  • 上司に怒られた精神的な心のショック

などです。

心因性うつ病の症状

心因性うつ病の症状は以下の項目が、おおよそ3週間ほど続きます。

  • 人とあまり会いたくない
  • 食欲が出ない
  • 不眠症が続いている

心因性うつ病の症状の予防・改善(治療)する方法として「運動治療(=ウォーキング」)」予防・改善(治療)する

心因性うつ病の症状の予防・改善・治療する方法として「運動治療(=ウォーキング)」で予防・改善・治療する方法があります。

ウォーキングすることで、脳を活性化させて、交感神経を呼び覚まします。

交感神経が活発になると、心の中(頭の中)のモヤ(霧)が晴れてきます。

そして身体の全身から、健康的な汗が出てきて、やる気が出てきます。

広告





心因性うつ病の症状の予防・改善・治療する方法として最適なウォーキングする場所

心因性うつ病の症状の方がウォーキングする場合、場所選びも重要になってきます。

なるべく人気の少ない自然の中を歩くようにします。

自然といっても、「緑色」がたくさんあり、「軽い日光浴」ができるような場所が最適です。

このような条件のあてハマる場所として最適なところが「森林」です。

森林の中を「森林浴」しながらウォーキングします。

森林浴ウォーキング

2015y06m16d_033432774森林浴ウォーキングするペースは、ゆっくりでも構いません。

心のモヤ(霧)が少し晴れて、身体が慣れてきた頃に序々にペースを上げて交感神経を呼び覚まします。

森林の緑色や森林に降り注ぐ木漏れ日・「小鳥のさえずり」などの自然の音には、人体の脳波と深く影響し合い同調します。

この「人体の脳波」と「森羅万象・全ての自然」との同調が人体に「癒し=ヒーリング効果」を与えます。

そして視覚や聴覚・脳波が精神に呼びかけ、人体全ての細胞を活性化させ、覚醒させると言われています。

この森林浴しながらのウォーキングを継続することで心のモヤ(霧)が、序々に晴れて、リフレッシュされ、好奇心などの「感覚」が再び、人体に呼び戻ってくるのを感じれることができます。

心因性うつ病の症状の方が、森林浴ウォーキングする際に注意するポイントやコツ

  • 継続すること長続きさせる・あきらめない!
  • なるべく人気の少ない安全な場所

を選ぶということです。

心因性うつ病の症状の予防・改善・治療する方法としての森林浴ウォーキングの一歩進んだ歩き方

心因性うつ病の症状が少しづつ改善が見られたら、今度は歩き方(ウォーキングの方法)も工夫してみるが、さらに効果的です。

ここで効果的なウォーキング方法として、某・大学の研究でも効果が実証されている歩き方(インターバルウォーキング)を、ご紹介しておきます。

インターバルウォーキングは、散歩・散策を兼ねた、ややペースの遅い歩き方(=ライフスタイルウォーキング)」と、本格的に効果を求めた歩き方(=エクササイズウォーキング)を織り交ぜて、交互にウォーキングのペースを変化させながらウォーキングします。

インターバルウォーキングの方法

ややペースの遅い歩き方(=ライフスタイルウォーキング)」5分間) 

本格的に効果を求めた歩き方(=エクササイズウォーキング)5分間

ややペースの遅い歩き方(=ライフスタイルウォーキング)」5分間) 

本格的に効果を求めた歩き方(=エクササイズウォーキング)5分間

このようなウォーキング方法を行うと、脳を常に刺激させ、活性化させることができ、短期間で、あらゆる効果の享受を最大化させることが可能になります。

時間に制約がある方や、長距離のウォーキングが体力的に難しい方でも、このように歩き方を工夫するだけで、短い距離でも疲労を軽減させ、さらに効果を増幅させることが可能になります。

あなたが現在、うつ病の症状でお困りの場合は、まずは一歩、歩み出すことが、あなたが望む未来への大きな一歩です。

最初はあなた自身のペースでもかまいませんので、森林浴ができる場所をさがして、気軽にウォーキングを開始してみてください。

広告