ウォーキング効果の上げ方・高める方法

社会人の方や普段、忙しい方などは、短時間でできるだけウォーキングの効果を上げたい・高めたいと考えるのは、必然的な考えです。

これはウォーキングを、あなたの会社の業務に例えると分かり易いかもしれません。

おおよその会社の仕事には「質を維持した効率化」が求められます。

つまり、「どれだけムダを省いたような動作ができるか?」などということが考えられます。

これは、ウォーキングでも同様の考え方が可能となります。

このページではウォーキングの効果の上げ方をご紹介しています。

2015y06m02d_153529659

では、ウォーキングの運動効果の上げ方・高める方法とは?

運動には「強度」というものがあります。

運動強度」については、当サイトでも別のページでご紹介していますが、

30分・1時間(4キロ~5キロ)のウォーキングで消費するカロリーはだいたいどのくらい?

つまりは、運動する動作の速さの度合いと距離(時間)の相関関係のようなものです。

これは何も「ウォーキング」だけではなくどうのような運動にも当てハマることです。

「運動の強度」✖「運動した時間」

結論から言うと、運動の効果を上げるには「運動の強度」✖「運動した時間」で、おおよその運動の効果の度合いが数値として理解することが可能となります。

この計算式に「ウォーキング」を当てハメて計算すると、運動する動きを速くして、その速い動きで時間を重ねれば、「ウォーキング」の効果は計算上は、効果が上がる(高まる)ハズです。

かといって、これからウォーキングを始められるす初心者の方が、最初から「速度を上げて長時間・長距離ウォーキング」を始めると・・

  • 途中で挫折してしまったり、
  • 身体に支障をきたし、
  • ウォーキング疲れからライフスタイルに支障をきたす・・

・・と言った、悪い循環を生みかねません。

これらのことから、ウォーキングを開始したばかりの初心者の方は・・

  • 楽しい
  • 新鮮感
  • 充実感

・・を意識して、ウォーキングすることを心がけることが肝心です。

せっかく、始めたウォーキング・・

やはり長続きしないと「ウォーキングの効果や計算」どころの話ではありませんね。

広告