様々な種類の癌(がん)症状が治る?運動治療(=ウォーキング)で癌(がん)が予防・改善(治療)できる?!

癌(がん)と聞けば、治らない不治の病としての認識が高く、絶望したような気持ちになります。

確かに、日本人の死因第一位は「癌(がん)」です。

毎年約、平均して30万人くらいの方が癌(がん)で尊い命を落されています。

この癌(がん)は年齢の加齢に伴い、加齢に比例して発症のリスクが高くなります。

これは加齢によって「人体の免疫機能が低下」するために、癌(がん)の発症のリスクが高くなるためです。

この癌を減少させる方法の1つとしてウォーキングが挙げられています。

以下では、ウォーキングと癌(がん)予防について述べています。

2015y06m12d_163305504

癌の種類

まず、癌とは悪性の腫瘍(しゅよう)のことで、早い話が悪性の「デキ物=イボ」のことです。

人体は60兆にも及ぶ細胞の集合体で成り立っています。

細胞は人体の活動を正常に機能させるために毎日、適正な活動をしています。

しかし、ストレスや外傷、喫煙、アルコールなどの過剰摂取で、機能の循環が崩れると活動が盛んになる細胞がでてきます。

この時、過剰に活動した細胞の作用によって稀に腫瘍ができることがあります。

この腫瘍こそが癌(がん)です。

癌(がん)と一言でいっても様々な癌があります。

これは、癌が発症する部位や種類によっても癌の呼び方が変わったり、治療方法も変わったりするのですが、この癌の種類のよっては「肥満(メタボリックシンドローム)」や「(女性男性ホルモンの働き」も、この癌(がん)に深く関係しています。

加齢によって人体の免疫機能が低下するために、発症率が高くなる癌(がん)の具体的な例を上げれば「乳癌(にゅうがん)」や「前立腺癌(ぜんりつせんがん)」などが該当します。

広告





様々な種類の癌(がん)症状は治る!運動治療(=ウォーキング)で癌(がん)が予防・改善・治療できる!!

当サイトでも、ご紹介していますが「運動療法=ウォーキング」によって、癌(がん)が治る(予防・改善・治療)と言われています。

この理由はウォーキング(=運動療法)には、人体の免疫機能を高める効果があるからです。

あなた自身の身体に、「ほど良い最適な運動療法=ウォーキング」には、交感神経を高めることで、人体の細胞を活性化させる効果があります。

人体が活性化すると言うことは、人体の生命を保持するための最小循環機能が通常に比べて良くなります。

生命を保持する最小循環機能とは、人体が最低限生きるために動く内蔵の機能や、いわゆる基本消費カロリーに該当する人体の機能のことです。

あなたにとっての最適なウォーキングを、ほぼ毎日長続きさせるだけで、細胞が活性化されるということです。

以上のことから、ウォーキングを継続して長続きすることさえできていれば、たとえばウォーキングを休んだ日でさえも、通常より多い値の基本消費カロリーが消費されます。

これは、人体の基本消費カロリーの量が高くなっているためです。

人体の基本消費カロリーの量が高くなったと言うことは、=人体の最小循環機能が上がったことを意味します。

人体の最小循環機能が上がると言うことは、ウォーキングには人体の機能(人体の細胞)を活性化させることが可能と言うことになります。

このようにして、人体の最小循環機能が良くなれば、細胞が活性化され、癌症状を改善・治療することにも、つながってきます。

癌(がん)の症状の方がウォーキングする際に注意すること

  • 朝昼晩(夕食)時の食事の栄養バランスを考え、食事の偏りをなくします。
  • 規則正しい生活を心がけます。
  • 身体の異変を察知したら、すぐに専門家や医師などへ相談ができるように、あらかじめウォーキングすることを、かかりつけの医師などへ相談しておきます。

癌(がん)の種類や発生している箇所(部位)によっては、ウォーキングできないこともあります。

このような場合は、医師・専門医と連携しながらの治療が必要になってきます。

しかし、おおよその癌(がん)症状の場合、幸いにして、歩くことは可能なハズです。

不治の病だとか、様々な理由で、自暴自棄になるのだけは避けて、とりあえず目的を見つけて散歩からでも結構ですので、ぜひ、ウォーキング(歩くこと)から、そっと始めてみてください。

広告