年齢別のウォーキングに最適な歩幅を知る方法

ウォーキングをこれから始める方や、すでに始めておられる方で、

自分にとっての最適な歩幅が知りたい

と、お考えの方が多いと思います。

これは、特にウォーキングを既に開始しておられる方ならば、必ずと言って良いほど知りたいことではないでしょうか?

ここでは、「年齢別のウォーキングに最適な歩幅を知る方法」についてのお話をしてみたいと思います。

まず、最適な歩幅を知るために、なぜ、年齢が必要なのか?

これは疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、当サイトの別記事でも既にご紹介していますが、人体には体内年齢というものがあります。

あなた自身が、どれだけ若作りしようとも人体に寿命がある限り、必ず、老化(=細胞の腐敗化)が起こっています。

体内年齢においての老化は、どうやっても防ぎようがありません。

よって、ウォーキングを含めた何らかの運動を行う際には、身体の年齢に応じた運動を行わなければ、細胞の腐敗化をより加速させ老化を早めてしまう原因になります。

自分の年齢においての最適なウォーキング速度を知る方法

自分自身の最適なウォーキングの速度を知る最適な方法があります。

それは「心拍数」を基準して自分自身の最適なウォーキングの速度を知る最適な方法です。

心拍数は、身体の状況を外見から知り得る手段としては、実に最適な方法です。

心拍数により、血液の循環や心臓の年齢や体内に異常が無いかを知ることができます。

広告





心拍数とウォーキングの歩幅と速度について

心拍数を知ることにより体内の状況を把握し、体内の状況に応じた運動(ウォーキング)を行えば、安全で効率的に効果が得られます。

ウォーキングと脈と心拍数

心拍数とは?

心拍数とは60秒間(1分間)の脈拍数のことです。
人間の場合、一生涯で20億~30億回ほど心臓が動くと言われています。

心拍数を計測する場合、安静時の20秒間手首の脈などを取ります。

20秒間の脈を×3として60秒(1分間)で計算しても構いません。

基準は、男女性別年齢抜きにして、おおよそ50〜100程度の脈が正常値です。

下の表は、60秒間(1分間)の年代別の心拍数と、その心拍数に応じた運動の速さの度合いを現しています。

20代 30代 40代 50代 60代 速さの感じ方
165 160 150 145 135 シンドい
150 145 140 135 125 ややシンドい
135 135 130 125 120 やや楽
125 120 115 110 110
110 110 105 100 100 快適

この表を参考にして自分自身の最適なウォーキングの歩幅と速度を把握して、あなたがこれから行うウォーキングライフが、より快適で、より効果的で、そして長続きできるよう参考になれれば幸いです。

広告