痛風症状は運動(=ウォーキング)で治療・予防・改善できる?

あなたは「痛風(つうふう)」という言葉をご存知でしょうか?

あなたがすでに痛風をご存知の方なら、痛風が生きているのが辛いくらい身体の全身にまで、激痛が走るのをご存知のハズです。

痛風とは、「20歳以上の男性に多い病気」なのです。

そして、ウォーキングなどの運動で、痛風は簡単に治療・予防・改善できるのを知らない方や、ウォーキングなどの運動が面倒臭いからと、運動自体を放置して、さらに痛風の症状を悪化させている方も多いのも事実です。

このページではウォーキングを用いて痛風を改善・予防・治療する方法をご紹介しています。

痛風が発生する原因

痛風が発生する原因は、細胞の老廃物である「尿酸」です。

この尿酸が人体の体内で作られ過ぎると、血液の中に尿酸が溶けきることができなくなり、排泄まで流れよく処理されなくなります。

そして、このような余った余分な尿酸が結晶化して関節などに蓄積されて行きます。

このようにして、蓄積され続けた尿酸が、のちに人体の表面(皮膚)に出てきてしまい、痛風という病気の症状として現れ、激痛などの痛みを身体に与えてしまいます。

この尿酸は、ビールなどのアルコールや、肉の部位である「レバー」に多く含まれる物質です。

痛風症状は運動(=ウォーキング)で治療・予防・改善できる?

痛風の症状の治療・予防・改善の方法は、現在の食生活を見直すことから始まります。

そして、次に行うのは、人体の処理機能(循環)を通常以上にするために、運動(=ウォーキング)が必要になります。

ウォーキングすることで、人体の代謝率を引き上げてあげると、尿酸が分解されて人体の処理機能が円滑になり、痛風はすぐにおさまります。

それと野菜などを多く摂ることをオススメします。

野菜を多く摂ることで、血液の濁りが解消され、人体の循環が良くなります。

人体の循環が良くなると代謝率が上がるので、多くの新しい細胞が生まれることになります。

痛風治療・予防・改善に効果的なウォーキングの方法

痛風を治療・予防・改善する目的で、まずウォーキングを始める場合は、最初は無理せずに普段のあなた自身のペースでウォーキングします。

痛風の治療・予防・改善のウォーキングでの注意点
  • 痛風の症状の方がいきなり激しくウォーキングを行うと、腎臓の血液が減少して、逆に尿酸値を上げてしまうといった結果になります。
  • 多すぎる発汗は脱水症状を招きます。その際、血液の中の尿酸値が上がります。

よってウォーキング中であろうと水分補給だけは小マメに行います。

さぁ、あなたも、ぜひ、このページの内容をご参考にして、ぜひとも、あなただけの素敵な未来を描いてみてください。

広告