雨の日に傘を差しながら(持ちながら)のウォーキングの歩き方と姿勢

当サイトでは、雨の日にウォーキングをする際は、レインコートやレインウェアでのウォーキングや、屋内でのウォーキングを推奨しています。

しかし、通勤時や買い物時を兼ねて隙間時間でウォーキングをされている方のために、雨の日に傘を差しながら(持ちながら)ウォーキングする歩き方と姿勢のお話をしてみます。

ここでご紹介する方法は、雨の日のウォーキングだけではなく、普段の雨の日の歩き方や姿勢にも適用ができます。

他には熱い夏の日差しの中を日傘をさして歩く際の、「日傘」をさしながら歩く時にも適用ができます。

以上のことから、ぜひ、女性の方にこそ奨んで実行して頂きたいと思います。

2015y06m02d_172136776

雨の日に傘を差しながら(持ちながら)のウォーキングの歩き方と姿勢

雨の日に傘を差して歩くときのコツ

  1. 2015y06m03d_225202139まず「傘の」の「曲がった部分」を、あなたの身体の進行方向と同じ向きへ向けます。
  2. 次に傘のの少し上の部分を親指以外の4本の指でしっかりと握ります。
  3. 傘を持った腕の脇をキュっと締めます。
  4. 傘を持った腕の肘(ヒジ)を身体に寄せます。
  5. 最後に傘をまっすぐに立てます。

このように雨の日に傘を差す時にも、ウォーキングの歩き方や姿勢を意識することで、傘をバランス良く持つことが可能になります。

傘をバランス良く持つことが可能になれば、雨の日に傘を持ちながらでも、軽度のウォーキングをすることが可能です。

雨の日に傘を差しながらのウォーキングをする時は、突風には十分に配慮しておきます。
また、傘を持つ手を時折替えながら、腕や手を休めて疲れを取りながらウォーキングします。

そして、「傘を必ず立てる」ことを意識しなければ視界が奪われます。

視界が奪われると、目隠ししながらウォーキングをしているのと同じことですので、重大な事故に巻き込まれる可能性も出てきます。

いずれにしても、細心の注意を配慮しながら、雨の日のあなたのウォーキングライフを満喫してください。

広告