雨の日のウォーキングする際の「レインコート(レインウェア)」の選び方

6月・7月などの梅雨時期や、通常の雨天などでのウォーキングする際、他の方がどのようにしているか?

・・などは気になるところですね。

雨の日にウォーキングを休む方もおられますが、雨が続くとそういうワケにも行かなくなります。

ここでは、雨の日に野外でウォーキングする際のレインコート(レインウェア)の選び方をお伝えします。

ウォーキングする際の「レインコート(レインウェア)」の選び方

雨の日のウォーキングする際の「レインコート(レインウェア)」の選び方として注意するポイント

2015y06m04d_001333640

・防水性がある
・軽量である
・通気性がある(蒸れにくい)
・動きやすいレインコート(レインウェア)

リュックを背負ってウォーキングする場合は、ポンチョを利用すれば身体とリュックごと覆うことができるのでポンチョも利用する価値があります。

 

ポンチョを使用する際の注意点

2015y06m04d_001041106

  • 風が強い場合はメクれ上がる
  • できるだけ登山用の耐性のあるポンチョを使用する
  • レインウェアと違い、身体を動かすとフードの位置が安定しないので視界が少し悪くなる
  • ポンチョを使用する際は、下の履くパンツはレインウェアかレインコートのパンツを着用する

レインウェアには、フードが無いタイプのレインウェアもあります。

2015y06m10d_220540419

 

フードがないレインウェアを選んだ場合、レインハット(雨用帽子)が必要になります。

 

 

2015y06m10d_220123984他にレインハット(雨避け帽子)の使用方法としては、レインウェアやレインコート・ポンチョをレインハットの上から被るようにして、フードの部分もレインハットの上に被せます。

このようにすると視界が確保することができますので、安全を考える意味合いでは尚、効果的です。

レインウェア(レインコート)を着用する上でのコツとしては、首筋にタオルを巻いて、その上からポンチョやレインウェアを着用すると「汗」や「雨水」を吸収してくれます。

さらに、タオルなら使用できる用途が、様々なモノに使用できますので、タオルを首に巻くのは大変、有用な方法でありコツと言えます。

さぁ、これらの内容を参考にして、ぜひ、あなたの雨の日の素敵なウォーキングライフを実現してみてください。

広告