ウォーキングを長続きさせる方法とコツ

ここでは、ウォーキングを長続きさせる方法とコツをご紹介していきたいと思います。

まず、あなたがこれから、ダイエットや生活習慣病などの改善として、ウォーキングやジョギングを行い、何らかの効果を得ようと思っていらっしゃるなら、始める前に少し考えてみることがあります。

2015y06m02d_160212554

一般の方が、まず思いつく運動が「ウォーキング」ではなく「ジョギング」!

生活習慣病の改善として「運動」のイメージが、ウォーキングではなく、「ジョギング」として世間一般に広く認知させています。

その結果、ウォーキングではなく「ジョギング」から行う人が多いことも統計で出ています。

今まで継続した運動をしてこなかった初心者の方が急にジョギングを開始しても長続きしません。

これは準備段階の準備の方法が間違っているためです。

ダイエットや生活習慣病改善の「ウォーキング」は長続きすることが重要!

ダイエットや生活習慣病の改善で、ウォーキングやジョギングをはじめてみたものの、長続きしない方がほとんどです。

長続きしないのには原因があります。

長続きしない原因をしっかりと把握して、長続きできる方法とコツをつかめば、毎日ウォーキング持続させ効率的に効果を得ることができます。

ウォーキングを長続きさせる方法としコツとして「散歩」や「散策」から気軽に始めて見る!

一般の方が何かを長続きさせる方法やコツとして、少なくても自分が少しでも興味を持てそうな事を探して、それを継続してみます。

何事にも言えることですが、自分が少しでも興味を持てそうな事なら、何か始めたことを長続きさせることができます。

特に日頃、仕事での残業や付き合いで忙しい方などは、まずは散歩や散策から気軽にはじめてみるのも良いかもしれません。

例えば、休日を利用して寺社巡りやショッピングを目的とした「散歩や散策」ならば、趣味とウォーキング(散歩・散策)の兼ね合いで長続きさせることができます。

ウォーキングやジョギングを始める際の必要な知識や方法や装備・道具

ウォーキングを開始する際、ウォーキングやジョギングに必要な知識や方法・装備などから調べたり、勉強する方がほとんどです。

しかし、まず考えることは「ウォーキングを長続きさせること」です。

あなた自身の1日のタイムスケジュールを把握して、ウォーキングや散歩・散策する時間を見つけるなどの、長続きさせる環境をみつける事が重要です。

ウォーキングを長続きさせるコツと具体的な方法としては、おおよそ以下の2点に注目できます。

  • あなたの今の一日のタイムスケジュールを見て運動する時間を決めてしまう。
  • ウォーキングが長続きできそうな環境を作ってしまう。

広告





ウォーキングを行う前には重要!「自分自身の身体年齢を知る」!

他にウォーキングする際に重要なものとして、自分自身の「身体年齢を知る」ことが必要です。

しかし、これらは本格的にウォーキングを始めてから考えても遅くはありませんが、身体年齢を知らずにウォーキングを本格的に開始してしまうと、ウォーキングのやり方によっては予想外に身体に負担がかかってしまい、逆に不健康になってしまう可能性もありえます。

長続きできる方法とコツは「長続きできる環境を作ること」!

ウォーキングだけではなく、これは何にでも言えることですが、まず、長続きできる環境を作ってしまえば、あとは何とかなっていくものです。

長続きできる環境を作る方法とコツとして、「自分の周りを巻き込んでしまう」のも、長続きできる方法とコツです。

その方法とコツとして「自分の周りの誰かに宣言してウォーキングする」といったものがあります。

自分の周りの誰かに宣言してしまうと、容易に途中でウォーキングを止めることが難しくなります。

他には、空いた時間を「もったいない」と意識して「隙間時間を見つけてウォーキング」するクセを付けて意識することも重要な考え方です。

まずはウォーキングを行う気構えを作る意味合いで、通勤時の移動は、できるかぎりウォーキングすることから始めてみるのも良い方法といえます。

ウォーキングを習慣化する方法については以下の別ページでもご紹介しています。

ウォーキングを習慣化するまで日数(期間)習慣化する方法とコツ

通勤時間を利用してウォーキングする!

たとえば通勤時、ひと駅分ウォーキングをするとか、少し遠回りしてから会社に向かうとか色々と方法があります。

今まで、自転車で通勤していた距離をウォーキングしてみるのもよいです。

生活に支障が出なければ、いっそのこと、思い切って「自転車を手元から無くしてしまう」と言うこともできます。

ここで通勤の際にウォーキングする場合、「ウォーキングシューズ」が問題になってきます。

最近では、スーツやフォーマルな格好に合うウォーキングシューズが販売されていますので、ウォーキングシューズのことで気に病むことはありません。

あなたが家族の誰かに宣言してウォーキングした場合などは、休日は家族サービスや家族との交流を兼ねて、散策や散歩・ウォーキングに出掛けるのも良いかもしれません。

さぁ、まずは、あなたの1日のスケジュールを把握して、その中での隙間時間を探したり、ウォーキングするための時間を作ってみることから始めてみてください。

広告