若い頃の体力は取り戻せるは嘘?「活性酵素と酵素とウォーキングの効果と意外な関係性とは?」

あなたは「活性酵素」や「酵素」という言葉をご存知でしょうか?

特に活性酵素は注意しなければならず、細胞の癌(がん)とも言われるものです。

放置しておくと人体に様々な弊害を招き、そのうち健康的な日常生活を行えなくなっていきます。

このページでは、「酵素」および「活性酵素」とウォーキングの重要な関係性を述べています。

2015y06m02d_180949089

まず・・「活性酵素」とは?

主に、以下のようなものが原因で発生します。

 

・喫煙
・直射日光(紫外線)の浴びすぎ
・空気中の有害物質
・身体の状態に合わない激しい運動
・食品に大量に含まれる添加物や防腐剤

 これらを摂取しすぎると、人体を構成する細胞を酸化させて行く原因になります。

人体の機能回復力が正常であれば、ある程度は「酵素」と呼ばれる物質の働きによって活性酵素を抑えることができます。

「酵素」とは?

人体には、細胞を酸化させないような働きをする酵素」とよばれる物質が存在します。

しかし、上記で記載した内容のものを、過剰に摂取すると酵素が人体の正常化する処理が追いつかず、酵素が処理しきれなかった有害物質は、細胞を腐らせ(酸化)させて行きます。

そして、忘れてはならないのが、細胞がたった1つ腐るだけで、他の細胞にもそれが派生して行き、次々と細胞が酸化して行くのです。

酸化した細胞はその後、どうなる??

酸化した細胞は、その後、糖尿病・脳卒中・動脈硬化・心筋梗塞などへと発展して行きます。

例えば、引き締まった身体をしていて、いかにもスポーツ万能そうな方に見えても、実際は、病弱で風邪などを、ヒキやすいということもあります。

これは、過度な運動により活性酵素を過剰に発生させてしまっているからです。

この「活性酵素」は、血液中の脂質(コレステロール)や細胞の膜などを酸化させて行きます。

これは身体の状態を考えずに、過度な強い運動をしたために十二指腸潰瘍動脈硬化を引き起こす原因ともなります。

広告





身体の状態あった適度運動(=ウォーキング)を行う

外見が若そう見えても人体には年齢があります。

運動すれば、確かに身体にいいのですが、現在のあなたの身体の状態あった運動をしなければ寿命を短くして老化を促進させることにつながります。

身体にあった運動とは、人体活動機能における消費と供給のバランスのとれた運動を行うことです。

何かしらの運動をすれば活性酵素は発生しますが、活性酵素が発生する前に酵素が活性酵素を抑え、処理して発生を防ぎます。

通常はこのバランスで人体が保たれているのですが、このバランスが崩れると細胞が酸化して老化を招き、あらゆる病気を引き起こし、結果、寿命を縮める原因となります。

身体の合った運動を行う!その代表例が「ウォーキング」!

ウォーキングは、過度な運動にはならず、人体にとって良いサイクルを生む「中強度の運動」ですので、年齢性別問わず、どなたでも手軽に行えるのが魅力です。

あなたがまだ、細胞の再生速度が早い、20代の前半までの若い方ならば、少々キツイ運動もしても、細胞の酸化までには至らないでしょう。

しかし、年齢を気になさるような、ご年齢であるならば、なるべく過度な運動は避けるべきです。

広告